メジャーSQとマイナーSQの日程

メジャーSQとマイナーSQの違いは、簡単に言えば、
メジャーSQは、先物取引とオプション取引の決算日が重なった日のことで、
マイナーSQは、オプション取引のみの決算日のことです。

市場での取引には、ダブルインバースや、
レバレッジインデックスのような株(etf)取引だけでなく、
先物取引やオプション取引というものがあります。

株(etf)については、普通は、いつまで持っていても良いのですが、
先物とオプション取り引きについては、決済日が決まっているのです。

そして、その決算日までに、売買を完了させていない場合には、
SQ日に、特別清算指数(SQ値)が算出され、
自動的にそのSQ値で決済されることになっています。

当サイトでは、ダブルインバースや、
レバレッジインデックスの取り引きについてのサイトですので、
先物取引やオプション取引については割愛しますが、
このメジャーSQと、マイナーSQの日程が、
実は、日経平均株価に非常に影響を及ぼしているのです。

特に、メジャーSQでは、先物取引とオプション取引の両方の決済になる関係上、
メジャーSQ日が近づいてくると、決済日までに何とかしようという思惑から、
日経平均株価が大きく上下しやすくなります。

メジャーSQの日程は、3月、6月、9月、12月の第二金曜日となっていますので、
その月の第二週の火曜日、水曜日、木曜日は、
日経平均株価が多少下がって上がることが、多くみられるのです。

マイナーSQは、毎年1月、2月、4月、5月、7月、8月、10月、
11月の第二金曜日となりますが、
その時の国内外の環境によっては、日経平均が荒れることもあります。

手堅く稼ぐ株の必勝ルール 「カブ」の神様が教える!

日経平均 値動きのルール (30億円稼いだ伝説の元証券ディーラーが説く!)

基本的には、マイナーSQの週よりも、
メジャーSQの週の方が、先物取引とオプション取引が重なっている関係上、
日経平均株価に、大きく影響してくることが多いようです。

つまり、メジャーSQ日が近づいてくると、
一旦、日経平均株価に大きな下落があることが多いということです。

ただ、この大きな下落については、かならず大きく下落するというわけではなく、
その時の状況によっては、ほとんど下落が見られない時もありますので、
あくまで、メジャーSQによって、大きな下落が起きることがあるかもしれない、
という程度で覚えておくと良いでしょう。

経験上で言いますと、下落の要因がメジャーSQというだけでは、
あまり大きな下落は見られませんが、メジャーSQ以外にも、
国内外での不安要素が重なった場合に、大きな下落が見られるようです。

なお、特別清算指数(SQ値)が出るのは、
SQ週の第二金曜日の午前中となります。

そのため、SQ週の前週~SQ週の木曜日までが、
日経平均株価が、荒れることが多くなるのです。

過去のデータから言えば、SQ週の火曜日、
水曜日あたりが、大きく荒れる時が多く、
特に、最近では、SQ週の水曜日は、魔の水曜日とも呼ばれています。

Contact us

Find us at the office

Humble- Micallef street no. 52, 81559 Jakarta, Indonesia

Give us a ring

Arieal Keswick
+27 450 860 545
Mon - Fri, 9:00-18:00

Reach out